30代の乳液 クリーム選びのヒント

乳液・クリームの使い方分け3つのポイントと順番(手順)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

乳液とクリームを使う順番(手順)はどのようにしていますか?また、30代女性のための 乳液・クリームの使い方は?使い分けは?ご紹介するのは乳液・クリームの塗る順番。30代女性ののための乳液・クリームの使い方

一般的に20代は十分に皮脂が分泌されるので、

それほど積極的に脂分を補う必要はないとされています。

でも30代の中盤になると、皮脂の分泌が減少するので、

脂分の補給が必要なんです目元や口元は年齢問わず自然が少なく

カサカサして安いカサカサしやすいもの脂分を積極的に補ってあげましょう。

乳液とクリームを使う順番(手順)

 

とはいっても、一人一人肌は違いますよね。

季節やコンディションでも買ってくるものです。

自分の肌と向き合って必要なもの感じ取ることが大切なんです

美容液と同じように薬やアンチエイジングなど大宮望に

それぞれ効果のある有効成分を配合し必要なところまで浸透するように

研究されたものはたくさんあります。

賢く選んで効果的にケアすることは極上肌への近道です。

美肌レベルを上げるクリーム乳液のつけかた

ブランドによって付け方が違うので、そのステップに従うのがベストです。

化粧水と乳液は同じブランドで揃えると効果が高まるものが多いのですが、

それほどこだわることもなく自分にあったものや、

心地良いものを選んで試すことも綺麗の可能性を広げていくためには必要なことです。

基本的にはこのような手順になります

  1. 洗顔⇒化粧水⇒美容液⇒乳液またはクリーム
  2. 洗顔⇒化粧水⇒美容液⇒乳液⇒クリーム
  3. 洗顔⇒乳液⇒化粧水⇒美容液⇒クリーム

 

30代 乳液 クリームの使い方のポイント

 

ポイントは3つ

  1. 塗るお肌の部分による使い分け
  2. 季節や時間帯よる使い分け
  3. メイクによる使い分け

塗るお肌の部分による使い分け

同じ顔の皮膚でも、部分によっては脂分の状況は違うものなので、

T ゾーンには乳液を他の部分にはクリームも

といった部に塗り分ける技もあります。

美容液で十潤っっている場合は目元や口元など

カサカサしやすいところにだけ重ねて塗ってもグッドです。

季節や時間帯よる使い分け

また季節によって乳液とクリームを使い分ける

例えば春はクリームを

真夏の朝はジェルクリーム

夜はクリームと乳液を産んで使い分け

秋からは少し重めのクリームに戻し

まくりは国のある濃密クリームもたっぷり

感想少するところは重ねづけこうして、

必要な脂分を必要なだけ補給するようにするのもアイディアです

でもアイテムを増やさなくても使い方や量で十分調整できます。

メイクによる使い分け

メイクのお直しの時も乳液は使えます。

常に小さいボトルの乳液を持ち歩き

たっぷり乳液を撮り直したい部分を拭き取ってから

下地ファンデーションを重ねてお直しします。

潤いも取り戻せるので朝のようなメイクにしたてのもち肌になります。

アイメイクも乳液でお直しをすると驚くほど住んだ印象になります。

そして特に乾いている時などにも有効です。

夜はベッドに居る前にクリームやオイルを再度重ねて

翌朝の肌はすっぴんにスピンを見せびらかしたいほどです。

目の周りや口まわりのトラブルは

クリームで撃退しましょう。

目や口周りの皮膚はとても薄く

ダメージを受けやすく、とてもデリケートです。

目元のツヤハリキメは

平均24歳で低下し始めることも明らかにています。

目元や口周り骨に支えられてないので

小じわやくぼみリンパや血行の流れが滞りやすく

クマやむくみも起こりやすくなっています。

肌を触ってトラブルが起きていると感じたなら、

有効成分がぎゅっと凝縮されているアイクリーム&リップクリームなどを取り入れて

ケアをしてあげましょう。

乾燥や刺激から守ってくれるだけではなく

澄んだ瞳を手に入れることができたり

攻殻の下側や口角の下がりや小じわやほうれい線の防止にも効果があります。

こすったり、強くぶれたりしないよう、やさしくつけましょう。

-30代の乳液 クリーム選びのヒント

Copyright© 美肌になる方法 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.