07 老けないための紫外線対策

日焼け止め選び 紫外線をカットの値 PAとは?

投稿日:2017年1月14日 更新日:

日焼け止め選び 紫外線をカットの値 PAとは?

PAとは 日焼け止め
紫外線 PAとは

BoehserDynamo / Pixabay

日焼け止めに記載されているPAとは
紫外線をカットしてくれる強さの値がPAです。
PAは数ずではなく+で表します。日焼け止め選びではPAが高ければいい
というわけではなく効果が高い割に刺激が強くお肌に負担をかけるものもあるので気をつけないといけません。

PAと紫外線の関係は?

PA とは真皮まで届きダメージを与え、

担任タンニング=黒くなるや老化を促進する紫外線のA 波をカットしてくれる値です。

数値ではなく+(プラス)の数で効果をあらわします。

PAの効果は

  • +黒くなるまでの時間を2から4倍にひきのばす効果あり
  • ++4から8倍 かなり効果あり
  • +++8倍以上 非常にに効果あり

と表されます

日焼け止め選びPAで気をつけること

日常なら++位紫外線が強い場所にいるときや、

紫外線を浴びる時間が長い茎は+++をできる限り紫外線をカットしたいと数値の高いものを選びがちですが、ここに大きな落とし穴があります。

日焼け止めは数値の高い物事、肌への刺激が強いのです。

日焼け止めの成分には効果が高い割に刺激が強く、

肌荒れを起こすなど負担をかけてしまう

「紫外線吸着剤買い(怒紫外線吸着剤と比べマイルドな代わりに乾燥しやすく、粉っぽくなりがちな紫外線散乱剤があります。

肌への負担を第一に考える方や肌の弱い方は

紫外線吸着剤を配合させていかんていないものがお勧めです。

紫外線吸着剤不使用紫外線吸着剤フリーノンケミカルと表示されているもの使用しましょう。

日焼け止めの中にはメイクの下地として使えるものがあります。

でもこの日焼け止め効果のある下地の多くは紫外線吸着剤が配合されています。

毎日使うメイク下地が吸着剤と言うのは肌への負担を考えるとお勧めできません。

もし使う場合には季節や場所で使い分けるなど、できるだけ負担を軽くするように選び使いましょう。

下地や日焼け止め、ファンデーションなどそれぞれに吸着剤が言ってるものを重ねて使うことは要注意です。

-07 老けないための紫外線対策
-,

Copyright© 美肌になる方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.