正しい化粧品選び

化粧品 アレルギー テスト パッチテストのやり方

投稿日:

化粧品を使う前に!アレルギーテスト パッチテストのやり方

 

沢山ある化粧品のなかから

自分に合う化粧品がなかなかわからないと言われるケースがありますが

残念ながら皮膚の専門家でもそこまではわかりません。

 

結局のところ化粧品は合う合わないは

実際に使ってみるしかありません。

 

しかし、化粧品 アレルギーなどもありますので

「新しい化粧品に変えたい」「使ってみたい」

けど合うかどうか不安と言う方は

 

いきなり製品を購入せず

まずはサンプルを使って自分で

自分の肌にあうかどうかのテスト

使用試験を行うということがお勧めです。

 

化粧品 アレルギー テスト パッチテストのやり方

化粧品 アレルギー テストで

パッチテストってご存知ですか?

自分の肌に合う化粧品かどうかを試す方法です。

パッチテストを皮膚科で行う場合

医療機関でこのパッチテストを行う場合は

背中に使いたい化粧品をつけて密封します。

パッチテストの時間は

24時間もしくは48時間で、

その後に反応を見るという方法をとります。

皮膚科で、ここまでして、テストするのはかなり

アレルギーが酷い場合です。

二の腕のを使った化粧品 アレルギー テスト

パッチテストを自分でやる場合は

二の腕の内側につけて行う方法もあります。

二の腕の内側で化粧品 アレルギー テストやる際、

塗った後にその上から服につきますが、

そのままで大丈夫です。

絆創膏やラップなど被せたる必要はありません。

パッチテストの時間ですが、化粧品を塗って

放置時間は約30分くらいが目安です。

 

腫れやかゆみ、赤みなどが出たら化粧品の使用中止

パッチテストをした後の皮膚に、腫れやかゆみ、赤みなどの通常とは

異なる違和感があれば中止するのが良いです。

しかし、皮膚科で行う背中を使ったやり方にしても、

二の腕を使ったやり方にしても

顔と体では皮膚の厚みが違いますので、化粧品の吸収の度合いが違います。

顔の皮膚の方が体の皮膚より吸収しやすいので

反応が強く出やすい傾向にあります。

なので顔につける化粧品を自分の肌に合うのか?

について調べるのに背中や腕を使って正確に判断するのは難しいと思います。

1番いいのはやはり、化粧品ですので、

二の腕のパッチテストでOKならば

顔につけてみることです。

でもいっぺんに顔全体につけてはいけません。

合わなかったら顔全体が真っ赤になる可能性もありますから。

顔の顎のあたりに

数日間つけてみて問題がなかったら

自分に合う使える化粧品だと判断して良いことにもなります。

パッチテストがOKでも化粧品は

使い続けるうちに合わなくなることもあります。

パッチテストの結果を過信せず、違和感があらわれたら注意しましょう。

化粧品の中には使い始めて

ピリピリ刺激を感じたり、赤くなったり

さらにはブツブツが出るものもあります。

しかしこれを「好転反応とか」「悪いものが出ている」

と言うことがあると聞きます。

しかし、これは明らかに肌への刺激になっている状態です。

化粧品は皮膚のトラブルの無い状態を

さらに良くするために使うものです。

使ってみて一旦でも状態が悪くなることを容認させるのは薬ならあり得ます。

しかし化粧品としては無理な話です。

赤み、刺激、かゆみぶつぶつが出たら

使っている化粧品を止めて皮膚科を受診してみて下さい。

-正しい化粧品選び

Copyright© 美肌になる方法 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.