30代のシワ予防

顔の「しわ」の種類と原因とシワを作らない簡単な7つのケア方法

投稿日:2017年2月7日 更新日:

しわ、いやですね。

鏡をみたら、いつの間にか、眉間や鼻筋に立て皺がみつかったり、
目元に「小じわ」や頬に「法令線」ショックです。

この、「しわ」なんとかならないのでしょうか。

シワをケア・解消するにはまず、シワの種類と原因をつきとめ
種類にあったケア方法を正しく選択することが必要です。

では、シワができるのでしょうか?
しわの種類とその原因、そしてケアの方法をみてゆきましょう。

シワの種類とシワを消す方法

  • 浅い小じわ
    保湿ケアが有効
  • 表情じわ
    コラーゲンで癒すケア
  • 真皮シワ
    消すことは難しいシワ
    美容皮膚科で相談してみることも

シワを作らない日頃の7つのケア方法

  1. マッサージで肌代謝を上げる
  2. ホームケア用の美顔器を使う
  3. お肌のコラーゲンを増やす
  4. 紫外線 無理なダイエットや睡眠不足を避ける
  5. タバコやストレスは大敵
  6. 怒る時なども表情には注意
  7. 微笑む自分を常に意識する

浅い小じわ 原因

顔にあらわれる、浅い「小じわ」ですが、乾燥が原因で起こるものです。

年齢に関係なくできる子は出女の周りによく見られます。
浅いもので「小じわ」と言われるものがこれにあたります。

浅い小じわ ケア方法は

このシワは乾燥によるものなので、
正しい保湿ケアをすれば解消されます。

朝と夜、しっかり美容液やクリームで保湿をしましょう。
それでも足りないようなら重ねづけしたり、オイルを加えて潤いを届けるとよいでしょう。

表情じわ 原因

このシワは顔の動きに合わせてできるシワです。

弾力のある肌は表情が戻るとシワも見えなくなります。

表情じわ ケア方法

進行してしまうと肌の奥深くまで刻まれるシワになってしまうので
コラーゲンで癒すケアを強化しましょう。

コラーゲンの有効成分が配合されたコスメ+週2回の
ピーリングで肌の生まれ変わりをサポートしましょう。

 真皮シワの原因

加齢や紫外線などで、コラーゲンが弾力をしなったり、
減ったりすることが原因で起こるシワです。

無表情でも刻まれるでいるのがこのシワです。

真皮シワ ケア方法

コラーゲンを増やすケアをしますが、残念なことに消すことは難しいシワです。
しかし、美容皮膚科などの治療で改善することもできると思われますので
美容皮膚科に相談してみましょう。

「しわ」を作らない日頃の お肌のケア方法

できてしまってからで遅いのが「シワ」です。
そのため、シワを作らない日ごろからのケアが重要になってきます。

シワのできにくい肌にするために、マッサージで肌代謝を上げるのも効果的です。

でも、肌を引っ張ってしまったり、
強くこすってしまうのは、逆にシワを作ってしまうので注意が必要です。

ホームケア用の美顔器などは、
力の入れ具合も難しくないので取り入れてみるのもいいですね。

コラーゲンを増やして、しわ を撲滅

お肌の張りを保つにはコラーゲンが一番有効です。

コラーゲンを増やすには、
レチノール、ナイアシン、ビタミンC誘導体、AHA等の有効成分が入ったコスメが有効です。

コラーゲンを含んだ食べ物やサプリがたくさんありますが、
残念ながら口から入れたコラーゲンは、
直接肌の働きにはならないと言うことを知ってください。

紫外線や無理なダイエットや睡眠不足は禁物

加齢や紫外線の他にも、無理なダイエットや睡眠不足、
タバコやストレスなどでもシワができやすい肌を作ってしまいます。

イライラして眉間にしわを寄せたり、
口をへの字にしていると、その気持ちごと消えない跡を残してしまいます。

怒りたい時も、眉間や鼻筋、法令線の縦じわは作らないように注意しましょう。
美しい顔で怒ることが必要ですね。

微笑みはシワのケアに有効

口角も常に微笑み、角度を意識して。

目を開けるときに、額の筋肉を使ったり、眉を上下させる癖がある人、
髪をいつもきゅっと縛っている人は、額のシワに要注意です。

微笑む自分を常に意識することで、
顔の筋肉に幸福感あふれる表情を刷り込ませることができます。

 

 

-30代のシワ予防

Copyright© 美肌になる方法 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.