00 用語集

表皮 真皮 皮下組織

投稿日:

表皮 真皮 皮下組織

表皮 真皮の
2つの特徴的な層が肌を守っている

皮膚は1枚の単純な幕のように微音ますしかし実際は、上から表皮、真皮、皮下組織の3つの層でできています。

中でもスキンケアのメイン所となるのが表皮と真皮です。
まずはこの2つの組織構造を知ることから始めましょう。
皮膚の表面にある表皮の主な働きは、保護作用です。

肌を通して外からの刺激などが体内に入らないように守ったり、万一、異物が行ってきた時にその情報を神経に伝えたりする働きがあります。

とても大切な働きを担っています。

また体内の水分が蒸発するのを防ぎ、
肌の潤いを保つ役割も担っています。

皮膚の下にある真皮の主な働きは、
クッションのように肌の弾力や針を保つことです。

ふっくらと立体的な肌を作る役割を担っています。

加齢などによって真皮の働きが低下すると、
肌を支えることができなくなり、シワやたるみが生じる原因になります。

それぞれこのように表皮と真皮には、肌を健康に美しく保つ働きがあります。

美肌を支えるのは表皮と真皮の二重構造

外から守る表皮中から支える真皮教師と真皮を合わせてもその厚さわずか約2ミリです。

お手入れは優しくと言われているのは、薄い膜を傷つけないためなのです。

(引用・参考URL:http://ameblo.jp/r-creation/image-10198145592-10618092763.html)

表皮の役目

潤いを保ちながら、肌の健やかさをと美しさを守る働き

皮膚の1番上にある表皮。角層と角層以下の表皮頭で構成されていて、それぞれにきちんとした役割があります。

角層は外敵から身を守るシャッターです角質細胞が年賀状20層(顔の場合)積み重なってできている層です。

水分を120から30%含んでいます。

ラップと同じ位のわずか0.02ミリの薄さながら、
肌に触れる外からの刺激など体内から入らないように守ったり、
肌内部の水分が蒸発しないように守ったりと、
いわばシャッターのような働きをしています。

角層以下の表皮は、
肌の生産工場真皮との境目にある基底層で生まれた表皮細胞が、
次第に角質細胞になるための準備をしています。

お互いの細胞はしっかりとくっついて、
角質ともに伸びても破れないような丈夫な構造を作っています。

その他にも外的刺激から肌を守る免疫細胞や、
紫外線から表皮細胞を守るためのメラニン色素を作り出すメラノサイトも組まれています。

摩擦などの物理的刺激や化学的刺激、
光学的刺激を総合的に防御する重要な働きを持つところです。

真皮の役割

真皮の役割は表皮の下で暗くした肌の土台を築く
基底膜を挟んだ表皮の下にある、肌の土台のようなもの。

主な役割は、肌の弾力を保ち、真皮内にある毛細血管が栄養と酵素を肌の隅々まで届けることです。

コラーゲンは、肌の主要な成分
丈夫なタンパク質からできた繊維で、水分を除けば真皮の約70%を占める使用成分です。

真皮の中に網目状のネットワークを作ることで弾力をキープしています。シワやたるみは、このコラーゲンの減少や編成によって肌の弾力が失われることが主な原因です。

エラスチンは、コラーゲンをつなぐ繊維です
ゴムのような弾力のある繊維でコラーゲンの所々をつなぎとめるように支えています。

水分を除いた真皮の5%前後を占めるものですが年齢とともに減ってしまい、これもシワやたるみの原因になります。

ヒアルロン酸は、隙間を埋めるゼリー
コラーゲンやエラスチンで作られた網状構造の隙間を埋めつく子ゼリー状の物質です。

ゼリー状なので弾力もあり、真皮の構造安定してた持ちます。このヒアルロン酸は成分日力が高く、化粧品では保湿成分として配合されています。

表皮と真皮はそれぞれに重要な働きをしていますが、単独で働いているわけではありません。

お互いに連携プロプレイを行っているのです。

例えば、真皮にダメージが及ぶと、健やかな表皮は育まれなくなってしまいます。

逆に表皮の働きが悪くても、真皮にダメージを与えてしまうことになります。

お互いがとても大切な働きをしているため、どちらか一方だけが大事というわけではありません。

表皮、真皮ともに健全な状態に整えておくことが重要なのです。

-00 用語集

Copyright© 美肌になる方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.