11 保湿

セラミドを効果的使う 化粧水に配合は保湿効果がない理由

投稿日:

・乾燥肌の悩みにセラミドは魔法の保湿成分
化粧水に配合のセラミドは効果なし
セラミド配合の美容液や乳液の選び方は

セラミド入り化粧水を使ってもあまり保湿効果がない理由

乾燥肌や大人ニキビ、アトピー性の肌に効くといわれている
保湿成分セラミド入りの化粧品選びで迷っていませんか?

・乾燥肌が悩みで、秋口なってから、お肌がカサカサになります
・乾燥肌とオイリー肌が混ざってニキビがなかなか治らない
・アトピー性の肌で乾燥してガサガサ

などには保湿はかかせません。

なので、特にお肌が乾燥しやすい冬場は「保湿成分セラミド入り」化粧水のキャッチコピーのみで買いみたいな感じですが
セラミド入りの化粧品にも化粧水から美容液、クリームまで様々な商品が沢山あって、しのぎを削っています。
いったいどれを選べばいいのか、迷ってしまいますね。

保湿はお肌のトラブル対策で最重要

ニキビ肌、アトピー肌、乾燥肌などお肌のトラブルのケアで最も重要なのが「保湿」といわれています。

保湿によって肌が潤えば、お肌のトラブルは解消されます。

ということは、保湿がちゃんとできていれば、美肌は手に入れたも同然なんです。

そして、実はお肌の保湿は、80%は、ある成分の働きによるものなんです。

その、成分とはいったい何?

そう、それがセラミドなんです。

乾燥肌にはセラミドの保湿効果をといわれるほどのキャッチコピーになっている所以です。

水分を挟み込むタイプの保湿機能 セラミドの成分

セラミドは、水をサンドイッチ状に挟み込んで、しっかりキープする性質があります。
なのでセラミドは水分保持力は最強です。
セラミド細胞間脂質の約40%を占めてる物質で水分を強力に挟み込んでキープする特性があります。
湿度が下がっても、水分をキープできる最強の保湿物質です。
セラミドなどの保湿物質が多く働いていれば、湿度が0%になっても水分が蒸発しません。
しかし、お肌に潤いを与える大切な役目を果たす、セラミドは年齢とともに減少してゆきます。
セラミド などの保湿物質を作る力が弱まると、肌は乾燥し、乾燥肌やニキビ、アトピーの要因にもなったりするのです。

なので加齢とともに減ってゆくセラミドを化粧品で補給してゆく必要があるのです。

セラミド入りの化粧品が溢れていてどれを選べばいいのか迷ってしまいます

話は戻って、敏感肌 ニキビ、アトピー の元凶ともなる、乾燥肌を改善適したいならば
セラミドによる保湿でお肌の潤いを与えるのに一番良いというのは万人の答えです。

お肌の乾燥を防ぐにはセラミド入りの化粧品を使うことを強くおすすめします。
しかし、世の中にはセラミド入りの化粧品が溢れていてどれを選べばいいのか迷ってしまいます。

中でも最も多いのがセラミド入り保湿効果をうたう化粧水です。

セラミド入りの化粧水の効果はある?

・化粧水はお肌に潤いを与える大切な役目を果たしますので、 乾燥肌に効果があるセラミド化粧水を使うようにしましょう。
・ネット上では自分にあったセラミド入りの化粧水を探しています
・ネット上のQ&Aに乾燥肌にはセラミド入りの化粧水がおすすめ

などなど、セラミド入りの化粧水という商品のアピールが広告が山ほどあります。

セラミド入りの化粧水 結論からいうと意味がない

Pixabay

・セラミドは脂質成分

セラミドは動物の脳の白質や表皮の角質層を形成する細胞膜に、多量に存在する脂質の一種です。
皮膚の保湿、柔軟性を維持する働きがあるとされ、化粧品などに使用されるとあります。

つまり、セラミド脂質の一種なのです。

・化粧水の構成成分は、大部分が水

そして、化粧水の構成成分は、大部分が水です。

化粧水だけではバリア機能が働いてうるおいません。
しかしその水水は肌の奥まで行ってはいきません。

これは角層のバリア機能が働いているためです。
浸透するにしても、各層の2から3層程度です。
これでは、すぐに水分が蒸発してしまってキープできません。

シートマスク等で、浸透させようとする人もいますが、
それでは保湿としての役割を果たしたとは到底言えないのです。

化粧水に保湿効果は無い

/ Pixabay

また、 化粧水をつけた後しっとりするのは一時的なもので

確かに、化粧水をつけると肌表面が一瞬潤います。

でも、唇が乾燥しているときに舌で舐めて、一瞬は潤った感じになっても、その後すぐまた乾きませんか?

実は肌の上でも同じことが起こっているのです。
スプレータイプの化粧水をつける人もいますが、蒸発つる時に肌の水分も奪ってしまいます。

化粧水の大部分は水分で構成されているので、つけた直後は潤いがあるけれど、すぐに蒸発します。

なので、一時的には水分でしっとりしても水分が蒸発してしまうので、セラミドも角層へ浸透できないのです。

そして蒸発すると乾くと言う負のスパイラルに陥っ行ってしまいます。

セラミドは=保湿という便利なキーワードですが、どうも化粧水とはあわないようですね。

洗顔料に含まれるセラミドも効果が薄い

/ Pixabay

また、洗顔料に配合されたセラミドの保湿成分は洗い流すので意味がありません。
市販の洗顔料にはさっぱりタイプやしっとりタイプと歌われているものがあります。

しっとりタイプには油分が含まれており、すすぎ流した後に端上に油分が残るのでしっとりと感じる仕組みです。

でも油分が残ると毛穴が詰まったり、その後につける化粧品などの浸透を防いだりしますので洗顔料にはセラミドなどの脂質は含まないほうがよいでしょう。

では、何で保湿成分のセラミドを補給するのでしょうか?

セラミド入りの美容液や乳液・クリーム

まずは、自分にあったセラミド入りの美容液や乳液・クリームをさがしましょう。

年齢とともに減少し肌も乾燥してゆくのでやはりセラミドは必要な成分には間違いありません。

セラミド は水溶液の成分ではないので化粧水には非常に配合しにくいものです。

ですのである程度の油分を含んだ美容液や乳液として取り入れるのがオススメです。

美容液や乳液・クリーム配合されているものが効果を発揮します。

その他にも乳液には肌を柔らかく、なめらかにする効果があるので、できれば組み合わせて使うことがお勧めです。

セラミド入りの美容液やクリームを使ってお肌にセラミドを吸収させましょう。

乳液とセラミドの関係

いくら油分を塗っておいても、セラミドや水分保持力のある成分が少なければ、
化粧水とおなじくやはり肌は乾きます。

なぜなら、乳液 は水分保持力のない油分だからです。

その隙間を縫って水分が蒸発してしまうからです。

乳液は、水分約50%から70%と約10から20%の油分とで構成されています。

そもそも水分の方が多いため水分の蒸発を防ぐことはできません。

けれど、セラミド配合の保湿成分の乳液なら保湿力が高まります。
それは乳液で蓋をすると言う働きではなく、セラミドに水分をキープすると言う働きがあるからです。

いずれにせよ、水分を掴んで離さないと言うことが最も重要なのです。

オイリー肌にもセラミドの保湿成分が有効

オイリー肌や大人ニキビ肌にもセラミドの保湿は欠かせない

オイリー肌や大人ニキビ肌の人はベタつくのが嫌とか油分は必要ないと思って

化粧水だけで済ませてしまうことが本当に多いものです。

しかし、保湿をおざなりにすれば水分まで不足してしまいます。

水分不足の肌は逆にテカリが目立ってその上各層のバリア機能が低下していて、大人ニキビ行もよりよくできるようになります。

安いものは避けるセラミド 入り美容液とクリーム

また、セラミドと一口に言っても、様々な種類があります。

最近では、いろいろなセラミド商品が出回っています。
植物由来のものなどまでありますが、
大事なのは人間の肌に近い脂質の組成であるということです。

セラミドの種類のうち保水力に優れているのは、
セラミド1、2、3という物質です

美容液やクリームを選ぶとき
この、いずれかが入っているものを選ぶことがポイントです。

またセラミドは、化粧品の原料としても高価なものです。

あまりにも価格の安いものは
類似品や微量しか含まれれていないこともあり得ます。

化粧品の量や種類にもよりますが、お値段も3,000円以上を目安に選ぶと良いでしょう。

セラミドを効果的使う まとめ

・保湿の重要性

セラミドの保湿機能は大人にきび、乾燥肌、アトピー肌のケアに有効

・セラミドの成分

セラミドの成分は脂質なので、水分がほとんどの化粧水に配合しても水分が蒸発して角層にセラミドがいきわたらない。
また洗顔料に配合しても洗い流すため効果が期待できない

・セラミドは化粧水でなく美容液 クリームで

セラミドはある程度の油分を含んだ美容液や乳液として取り入れるのが角層まで浸透するのでオススメ

類似品や微量しか含まれれていないものもあるのであまりにも安いものは避ける

以上 セラミドの効果的な使い方でした。

-11 保湿

Copyright© 美肌になる方法 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.