03 化粧水の正しい使い方は?

化粧水 効果とは 保湿力の高い化粧水はいらない

投稿日:

 

化粧水 に肌への効果を求めるなら選び方がポイントとなります。

化粧水 効果って何なのでしょうか?高い化粧水は、いらないなどのことも言われています。

保湿性の高い 潤いのものがありますが、その効果は?
また、化粧水が合わない症状でニキビ 肌荒れ ブツブツなども起きることが。化粧水 意味とは?

化粧水 意味は 何のためにつけるもの?

「化粧水=肌のうるおいのもと」と思ありがちですが、実は間違いです。

化粧水がそのまま肌の水分になるわけではありません。

保湿力の高い化粧水はいらない

化粧水だけでは、十分な保湿はできません。
なぜなら、化粧水の大半は水なので、水の中に保湿成分は配合できてないからです。
化粧水の保湿効果に適度の期待は禁物です。

化粧水が合わないと症状としてニキビ 肌荒れ ブツブツなどができることもあります。

では化粧水は何のためにつけるのでしょうか。
清涼感があって、心良い気分になるから使っているようなもの。

それも大切なことですが、化粧水はスキンケアにとって不可欠というものでもないです。

それではどんな化粧水を選んだら良いのでしょうか?

化粧水 効果は自分に必要な美肌効果で選ぶ

肌をみずみずしく整えると言う意味では、化粧水は使用感の好みで選んでいいと思います。

ただ、使うからには効果を求めたい人には、
自分に必要な美肌効果のある化粧水を選ぶのがポイントでしょう。

オススメはビタミンC誘導体入りの化粧水。
ビタミンC誘導体は、抗酸化や美白、毛穴の引き締めなど様々な効果を持つスーパー成分です。

クリームなどより水に配合した方が安定感が高まる成分なので、
化粧水なら好ましいといえます。

その他以下い紹介する水溶性の美肌成分を含む化粧水もおすすめです。

ビタミンC誘導体

ニキビ、シワ、シミ、毛穴のたるみなど、あらゆる肌の悩みに対応します。いくつか種類がありますが、「リン酸パルミチン酸型(AP PS )」が最も効果が高い。

各種抗酸化成分

水溶性の抗酸化成分なら、化粧水で使う意味があります。
オウゴンエキス、リコピン、グレープシードエキスなど各種植物エキスがよく使われます。

保湿成分

アミノ酸(天然保湿因子)、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分は、水溶性なので化粧水にもよく使われます。
ただし、化粧水でのヒアルロン酸、コラーゲンの配合量は少量。
なぜなら高濃度に配合しているものは美容液のカテゴリーになるからです。

誘導体って何?

例えば通常のビタミンCは水溶性のため、そのまま羽田に売っても吸収されにくい。有用性等の部室をくっつけ安定性を高めたのが誘導体です。肌内部で活性型のビタミンCにかわります。

化粧水 意味
高い 化粧 水
化粧水 潤い
保湿性の高い化粧 水
化粧水 合わない 症状
化粧水 合わない ニキビ
化粧水 合わない 肌荒れ
化粧水 合わない ブツブツ

-03 化粧水の正しい使い方は?

Copyright© 美肌になる方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.